最近私は自身のメンタルに関する一定の法則を発見した。どうやら私がその日一日をポジティブに過ごせるかどうかは、『朝起きた時に女性の笑顔を見たかどうか』に左右されているらしいという事を発見したのだ。こんな事ってあるのだろうか。とてもヘンテコな法則だ。

私は毎日、朝を同じルーティーンで過ごしている。まず布団から起き上がり、カーテンを開けて部屋に日差しをいれる。そして着替えた後、玄関の外で一服し、ブラックコーヒーを入れて、ツイッターを小一時間ほどチェックするのだ。で、今回の話はこのツイッターが重要なのだ。

朝、タイムラインにアイドルやコスプレイヤーの可愛い写真があった日、私は一日を通してプラス思考になり、ポジティブに過ごせる。一方、タイムラインに可愛い写真がなく、お硬い政治の話や社会問題のツイートばかりが並んでいる日は、どんなに頑張っても夕方頃から気分が低下してゆき、寝る前にはどっと疲れてしまっている。

馬鹿馬鹿しい話に思うかもしれないが、これは私の毎日を左右している確かな法則なのだ。朝、女性の可愛い笑顔を見たかどうかが、その日の私を大きく左右している現実があるのだ。

今まで気にした事はなかったが、朝のテレビでやっている情報番組に美人な女子アナがズラッと並んでいるのには、確かな効果と必然性があるのではないかと思える。私の法則は私以外の人にも起こっていて、今のテレビスタイルが形作られた昭和の時代から、かなり一般的に認識されていた事なのかもしれない。

この法則を知った上でどうするかは二つしかない。結婚するか、部屋にポスターを貼るかだ。私には残念ながら結婚という選択肢がないので、取るべき道は一つ。

ところがいざポスターを買おうと思っても、なかなか目的を達成できる商品がない事に気づく。毎日必ず見る必要があるので、かなり大きな目立つポスターが必要だ。朝寝ぼけていても確実に視界に入ってくれないと困る。それにそのポスターは笑顔でなくてはいけない。クールな表情や色気のある表情ではいけないのだ。この時点で市販されているポスターやカレンダーなどの選択肢がかなり狭まってしまう。カレンダーは大きさ的に中途半端であり、しかも年末にしか売っていないという問題がある。ポスターに至っては内容云々の前にそもそも今は殆ど作られなくなってしまっているらしいという事も分かった。

有るようで無い。どうすればいいんだ?

無いものをグダグダ言っても仕方がないので、手に入るモノの中から代用できるものを探す。私は今回苦肉の策で『萌えキャラの等身大タペストリー』を購入した。縦165センチ、横50センチ、布製の物だ。凄い大きいのでとても目立つし、布製だから朝日が差し込んでも光が反射しないという利点が有る。萌えキャラなのは私らしくなく残念だが、とりあえず笑顔を振りまいてくれているので目的は達成できている。期待通り、私の気分の落ち込みはなくなった。

とにかく男にとって女性の笑顔がとてつもなく重要だという事を、私は今回の発見から理解した。夕方から夜間にかけて気分が落ち込む事について、私は『病気のせいなのか』とか『薬のせいなのか』などとかなり真剣に悩んでいた。もし主治医に相談していたら薬を増やされていたかもしれない。でも何の事はない。病気とは関係なかったばかりか、こんな些細な事が影響していたのだと分かって、私は少し呆れてしまった。

人間のメンタルって、こんなものなのかもしれない。(笑)

広告