個人情報の山


森永がハッピーダースキャンペーンというのをやっていて、ダースを買ったレシートをスマホで撮ってキャンペーンサイトに送信する(それでスタンプを貯める)と菅田将暉グッズが当たる。私はチョコが大好きでダースもよく食べるから、サイトに登録してよく応募している。

でも、レシートというのは情報学の観点からいうと個人情報の山なんだ。今はレシートの画像からその内容を機械的に読み取る技術もあり、世間ではよく利用されている。なのでこのキャンペーンはチョコの売り上げを伸ばす事が目的なのではなく、森永が何らかしらの情報を欲しがっている事が伺える。

私は今日、ダースの他に他社(ブルボン)のアルフォートを買った。レシートを見ればそれが一目瞭然だ。私は『これだ!』と思った。キャンペーンを通じて一定数のレシート情報を集めれば、消費者が競合他社のチョコをどれくらい買っていて、どの商品が売筋なのかがまる分かり! これは市場調査なのだ!

私はチョコが大好きだけれど、今の時代、企業からみればもはや私は顧客ではないのだろう。『消費者』という大きな『パイ』でしかない訳だ。これには何とも言えない悲しさがある。嫌な時代になったなあと思う…

投稿者:

長門志気

統合失調症と闘うおっさん。いつの間にか病気の症状がなくなっており、今はかねてからの望みだった放送大学での勉学に勤しむ日々を送る。