なぜいじめが起きるのか?


放送大学のテキストを読んでいたら『インターネットにおける匿名性と子供の社会性』という項目があって、そこには『なぜいじめが起きるのか?』についての明確な解が記されていた。読んでいて、とても驚いた。

その解はいじめが発生する原因を以下の二点で説明してくれた。

《原因その1》
自己を確立できていない没個性の状態「自己中心的」

《原因その2》
集団に無批判に追従してしまう「雷同」

こういう状態の一方で、子供たちは「社会的な同調は出来ている」ので、いじめになるのだという。

情報学の授業なので、この知識は『ネットいじめ』を理解する為に使う。テキストには…

『匿名でのコミュニケーションを円滑に行うには、社会性が「自己中心」や「雷同」の状態では到底無理である。』

『社会と自己の「調整・協調」の状態でなければ出来ないと考えるべき』

と書かれていた。興味深い…

この授業が教えてくれた事は『子ども』についての知識だったが、実はこの知識は大人にも通用する様に思う。(ツイッター上の炎上事件やクソリプ問題など)

特に『雷同』という観念を知った事が私にとっては目から鱗だった。雷同とは…

『自分自身の考えをもたず、むやみに他人の説や行動に同調すること。』

という意味だそうな。これは今のネット上を見ていると思い当たる節がたくさんある。というか正直私にとっても『耳が痛い』話だ。

案外、私の社会性は子供と対して変わらないのかもしれない。そしてネット上にいる多くの人もまた、子供と変わらない様な状態で存在しているのかもしれない、と思った。この授業では色々考えさせられた。匿名でのコミュニケーションって、とても難しいね…

投稿者:

長門志気

統合失調症と闘うおっさん。いつの間にか病気の症状がなくなっており、今はかねてからの望みだった放送大学での勉学に勤しむ日々を送る。