老齢期のメンタルヘルス


ここ数年ずっと情緒不安定な母に振り回され続けている。母は身体が弱い。だから毎日の様に辛さを訴えてくる。私はその不調の原因を知っているし、解決の為に打つ手立ては無数にある。が、母はその全てを拒絶し、現実から逃避し続けている。私はどうしたら良いのか。完全に手詰まりだ。見てて辛い…

とにかく現実を拒否しているのがまずい。本人は「何も考えたくない」と言う。そして何の話をしても間髪入れずに『自分が如何に不幸か』の話にすり替える。楽しい話題を振っても駄目で、今や天気の話以外は何も受け付けなくなった。はっきり言って、今の母の状態は、障害者である私よりも酷い。

人は人を変えられない。自分が苦しいなら自分を変えれば良い。が、自分じゃない人が苦しんでいたらどうだろう。自分が変わっても解決にはならない。人は誰かとの出会いでしか変われない。でもその出会いを拒絶し家に閉じこもっていたらどうだろう。その苦しみは永久に解決しない…

私は引きこもりだった。全てを拒絶し、人間関係も絶った。側にいる人にとって、それをただ見ているしかできない状況というのはとても辛い事だったはず… かつての私が母に与えてしまったその苦しみを、今は私が母から貰っている。こんな事になるとは……これが因果応報なのか。

老齢期のメンタルヘルスはとても難解だ。青年期と違って一筋縄ではいかない。私もいろいろ考えてはみたが、どうしても『今の私では母を治すことが出来ない』という結論になってしまう。私も疲れた。これ以上振り回され続けると私自身の病気回復も遠のく。病病介護はもう限界まで来ている。泣きたい…

投稿者:

長門志気

統合失調症で苦しんできたが、今は全ての症状が無くなり、ようやく穏やかな暮らしを送れる様になった。今後は衰えた体力と知力を取り戻していきたいと思う。統合失調症 / 禁煙・減薬継続中 / 放送大学・全科履修生 / 将棋初段 / Ingress RES A8 / Pokémon GO TL27