Blackmagic eGPU ProでBOINCに参加


Blackmagic eGPUという外付けグラフィックボードがあるのですが、私はこれをかなり特殊な用途に使うために購入しました。それは、BOINCに参加するためです。私は現在、以下のような特殊な環境を用いてBOINCに参加しています。

fullsizeoutput_635

iMac・Blackmagic eGPU Pro・Amazon Echo

正直なところ、私のiMacはとても非力なマシンです。CPUは2コアしかなく、グラフィックはIntel Iris PlusというCPU内蔵のものです。ですが外付けGPUをThunderbolt 3接続で追加する事により、私のマシンは圧倒的な演算能力を得る事が可能となりました。

Blackmagic eGPUはとても特殊な製品である為、自分のBOINCソフトウェアで正しく認識されるのかには、かなりの不安がありました。しかし結果だけ見れば、特殊な設定は一切必要なく、拍子抜けするほどあっさりBOINCに認識してもらう事ができました。

Blackmagic eGPUを使うことのメリットは、この大きな本体が可能にする完璧な冷却機能にあります。GPUに負荷を掛け続ける場合には熱処理の問題が大きく立ちはだかりますが、Blackmagic eGPUは本体の中が巨大なヒートシンクになっているので冷却機能は十分。これがBOINCの演算をさせるには願ったり叶ったりの構造なのです。

こういったシステムを構築するのは私の長年の夢でした。BOINCにはかれこれ10年以上も参加し続けていましたが、GPUを使って参加するのは意外にも今回が初めての事です。本当に、長年温め続けてきた計画がやっと実ったのです。感慨深い…

長門志気 についてhttps://shiki.blog統合失調症から回復。その後、放送大学教養学部を無事卒業し、現在は放送大学大学院・修士選科生として学びを継続中。ブロガーになるのが夢!