今、我々は淘汰されようとしている。

注・これから書く話は統合失調症の急性期にある人には当てはまらない内容なので注意して欲しい。急性期にある人には何より休息が必要だ。人生の事など考えず、仕事も家庭も放棄し、ただひたすらに休息に徹してもらいたい。それが急性期のダメージを最小に止める何よりの一手である。

続きを読む 今、我々は淘汰されようとしている。

広告

現実認識能力=認知機能

断薬

この時期(2月頃)になると、いつも2016年の断薬の事を思い出す。あれは強烈な体験だったから…

あの後から、私の病状は大幅に改善してゆき、お陰様で私は今も良好な状態を維持する事が出来ている。私は病気が再燃するのではないかとずっと不安を抱えていたのだが、最低限の維持量を継続(朝夕・リスペリドン1mg)している為か、2年経った今でも病気の症状は現れてはいない。

続きを読む 現実認識能力=認知機能

体調が悪くて食事が用意できない時

fullsizeoutput_452

病人として生きてる以上、体調が悪くて満足な食事を用意できない時が多々ある。でもそういう時に自分の事を『ダメな奴だ…』と考えてしまうと余計に気が滅入ってしまう。しかし食事というのは別にまともである必要はないのだ。ただ『決まった時間に食事する』という生活習慣さえ乱さなければ『何を食べたか』は特に大した問題ではない。

続きを読む 体調が悪くて食事が用意できない時

当事者が当事者の為に答える統合失調症Q&A

同じ病気で苦しむ当事者の為に…

そして、これは過去の自分に対する回答集でもあります。

続きを読む 当事者が当事者の為に答える統合失調症Q&A

メンタルの病気とはなんなのかを考える

全てはドーパミンのなせる業

メンタルの病気を考える時、一つの重要なキーワードがある。それは『ドーパミン』だ。様々な精神症状は脳内の神経伝達物質の異常から起こる。したがってメンタルの病気は『心の病』などではなく『脳の病気』と言わなければならない。それは、本人がいくら心を正しく穏やかに保とうと頑張っても、その心の状態は脳内物質のバランスによって決められている訳であり、自分の脳みその中の事は、本人の努力や根性でどうにかなる領域ではないからだ。しかし多くの人がこの仕組みを理解しておらず、メンタルの病気に関しては今まで様々な誤解と多くの不幸が起こってきた。

続きを読む メンタルの病気とはなんなのかを考える