水分の摂りすぎに注意せよ!

統合失調症の闘病生活において注意しなくてはならない事の一つに『水中毒に注意せよ!』という事があげられます。自分の生活を振り返ってみてください。普通以上に水分を摂りすぎてはいないでしょうか。このページではなぜこの様な事が起こるのかについて説明します。

続きを読む 水分の摂りすぎに注意せよ!

断薬は絶対に人に勧めるな!(重要)

私自身、度重なる断薬と減薬によって統合失調症から回復してきた人間なので、精神科で出される薬の害は痛いほど分かっているつもりです。私と同じ様に壮絶な断薬を経験し、薬や医療への不信感を高めた人もネット上には大勢います。彼らは事あるごとに薬の害を主張し、病気の当事者へ断薬を勧めてくるでしょう。しかしその勧め、絶対に乗ってはいけません。

続きを読む 断薬は絶対に人に勧めるな!(重要)

不眠と認知行動療法

私は自分の不眠に対抗する為、認知行動療法を少しだけ取り入れている。寝れないと、様々な考えで頭がいっぱいになり、ますます寝れなくなる。そして、その時に考えている事というのは大抵の場合『自動思考』という状態に陥ってしまっている。以下、いくつか例を挙げてみよう。

続きを読む 不眠と認知行動療法

統合失調症における服薬の重要さ

統合失調症の人にとって、服薬というのは何よりも重要な事です。症状を抑える為にも必要ですし、症状の波を穏やかにして症状に振り回されないようにするのにも必要です。そして病気が良くなってきた時であっても、症状の再燃・再発を防ぐ為に、薬の力は必要です。

精神科を受診し、医療を受ける事は、とても重要な事です。それは統合失調症という病気が放っておいて治る病気ではないからです。

続きを読む 統合失調症における服薬の重要さ

歩こう。とにかく歩こう!

毎日家にいると気が滅入ってくるのは当たり前の事です。ですので散歩を日課にすることをおすすめします。近所を30分ぐらい巡ってくるだけで気分は大きく変わります。これは自分の意志で出かけ、自分の選択で散歩コースを決め、自分の体を動かし歩く、という一連の行動が重要なのです。

続きを読む 歩こう。とにかく歩こう!

家事をしたり食料品の買い出しに行ったりしよう

家で闘病生活を送っていると、一日中スマホやテレビばかりを見ているような生活に陥りがちです。嫌なことを忘れてゆっくり休息できていればよいのですが、スマホを見るなどの受動的な行動はむしろ嫌なことを思い出させる場合も多く、ほんとうの意味での休息にはなりません。

続きを読む 家事をしたり食料品の買い出しに行ったりしよう

メンタルの病気だからこそ遊びましょう

メンタルの病気になると、ついつい『苦しい』とか『死にたい』などとネガティブなことばかり考えるようになりがちですが、実のところ病気回復に一番良いのはズバリ『遊ぶこと!』なのです。病気だからといって家で大人しくしている必要はありません。むしろ家で『病気が如何に辛いか』に囚われて考えが負のスパイラルに陥ってしまう様になると病状は悪化してゆきます。

続きを読む メンタルの病気だからこそ遊びましょう