オンライン授業

オンライン授業は放送大学の中でも比較的新しい取り組みです。システムWAKABAの中から授業ページに進み、そこの教材を使って学習を進めます。単位認定試験を受ける必要もないので、学習が全てオンライン上(パソコンだけ)で完結するというのが一番の特色です。

オンライン授業というと、教授と学生がビデオチャットなどで集まって授業を受けるものの様に感じてしまうかもしれませんが、放送大学のオンライン授業ではその様なことはしません。ディスカッションフォーラムと呼ばれる掲示板で議論が行われることもありますが、それほど難しい内容ではありません。

具体的にオンライン授業が何をやっているのかといえば、それは専用の動画を視聴し、ディスカッションフォーラムにテーマに沿った投稿をし、レポートを書いて提出する、という様なものです。時間が指定されることもないので、自分のペースで学習を進められるのは放送授業に似ています。ただし、レポートの提出には期限があるので、遅れない様にしましょう。

オンライン授業を受けるのにはパソコンが必要です。パソコンの扱いに慣れている人なら問題ないと思いますが、もしパソコン操作に自信がないのであれば、最寄りの学習センターでコンピュータの講習を受けてみる事をお勧めします。講習は定期的に行われているので、ぜひチェックしてみてください。

授業によってはレポートをワード(Microsoft Ward)で提出する場合があります。そんなに難しい知識は必要ないのですが、あらかじめ操作に慣れておいたほうが作業がスムーズに進むと思います。(PDFファイルで提出という場合もあります。)

オンライン授業の授業内容は実に様々ですが、放送授業ではできない様な凝った授業が開講されているのが特色になっています。まだまだ実験的な取り組みではありますが、もしかしたら今後はこれが主軸になっていく可能性もあるかもしれません。オンラインを使った双方向の授業はかなりやりがいのあるものです。是非挑戦してみてください。

🔙 放送大学のすすめ