文化人気取りの稚拙な批判が溢れてる

ネットを見てると色々なコメントを見ることになるが、それを大きく分けると三つのパターンに落ち着く。それは何かというと『批判』『つっこみ』『自分の話』だ。この中で一番有益なのは自分の話をしてくれる人達だ。何故ならその人しか体験してない事、つまりオリジナリティのある話が聞けるからだ。だがこういう人に出会うのは稀である。

それに対して可もなく不可もなしといったつっこみコメントは多く見かける。つっこみは小中高の学校では一番有効なコミュニケーション手段であり、多くの人が未成年の頃から慣れ親しんだ表現方法だ。

これが普及している最たる原因は二つで、一つはテレビのお笑い番組の影響、もう一つは漫画やアニメの影響だ。子供の頃から親しんだつっこみという表現は、現代の日本においてコミュニケーションのデファクトスタンダードとなっている。もし現代のつっこみを戦前の日本でやったら「不真面目である」とされて相手にされなくなるだろう。

続きを読む 文化人気取りの稚拙な批判が溢れてる

統合失調症の私を支えた偉大な祖父のこと

現在午前五時。今私は真っ暗な公園にいる。私はこれを紅茶花伝とタバコを片手にベンチに座って書いている訳だ。紅茶花伝には大変な思い入れがあり、今は亡き大切な人と過ごした日々などを思い出している

私の闘病生活も長いものだが、かつて私には最強の協力者がいた。その人物は私の母方の祖父で、協力者でもあり、良き理解者でもあった。私は大のおじいちゃんっ子で、子供の頃は一緒に住んでいたこともあるし、我が家が引っ越してからも極近場に住んでいたので大変可愛がってもらった。

続きを読む 統合失調症の私を支えた偉大な祖父のこと

長門志気の自己紹介

このブログを読んでいる人は私についてこう思っている事だろう。『いったいこの人はなんの人なんだろう』と。ここで簡単ではあるが私の自己紹介をしておくことにする。

長門志気という名前はハンドルネームであり本名ではない。この名前は長門有希というキャラクターのもじりである。『ゆ』を『し』に替えただけだ。志気という言葉は非常に力強い言葉であり気に入っている。『志』という漢字は私の敬愛する立川談志から取った一字である。また長門はかつて日本国民の多くに親しまれた戦艦長門から来ている。

続きを読む 長門志気の自己紹介

精神科医は人を薬漬けにするのか?

統合失調症患者が陥りがちなおきまりのパターンとでも呼ぶべき妄想がある。それは『精神科医は利益を得るために健康な人を薬漬けにし病院へ送り込む』というようなことだ。

これは典型的な妄想(被害妄想・誇大妄想)で、『そもそも自分は病気ではない』といった病識の無さから来るものだ。病識の重要性は以前も述べた通りだが、繰り返しになるがやはり病識を獲得するのは並大抵のことではない、大変難しいものだということが分かるであろう。

病識を得るには時に今までの自分を否定し、大切なものを諦めたり放棄したりしなくてはならない。これが当人にはとても辛い事なのだ。

続きを読む 精神科医は人を薬漬けにするのか?

ビジネスとは騙しだ 世の中が下卑ている?

生きていくには働かなくてはいけない。しかし私はどうしてもビジネスという考え方に嫌悪感が付きまとう。『ビジネスとは何か』という問いに、私は迷わず『騙しだ』と答える。

商いの基本原理はどんな馬鹿でも知っている。『一方で安く仕入れ、他方で高く売る』ということだ。この過程ではどうしても騙しが必要になる。安く仕入れるということは、作り手の利益が減ってしまうということだ。高く売るということは、必要以上に掛け値をしても良いという、客にいかに損をさせるかということだ。

続きを読む ビジネスとは騙しだ 世の中が下卑ている?

ゲームの難易度が高すぎて現実逃避できない

精神障害者というものは不便極まりない。もしかしたら不便というと言葉は違うかもしれない。そもそも人には様々なパワーバランスというかパラメータ配分がなされている。その違いが十人十色といった個性を実現し、多様性を生む。

しかし精神障害者はそのパラメータ配分が全体的に数ランクダウンしている。この状態で健常者の世界で暮らしていこうとすると当然のことながら無理が出てくる。実力主義・能力主義の時代にあって全体のステータスがダウンしているということは、仕事において得意不得意の問題ではなく、土台からして力不足甚だしい状態に置かれているということだ。

続きを読む ゲームの難易度が高すぎて現実逃避できない

日常に潜む様々な精神障害者 病識の重要性

統合失調症の当事者である私が言うのもなんだが、世の中には本当にキ○○イが多い。世の中は悪い意味で、本当に複雑かつ多様である。

おかしい人から迷惑を被った人達が書いたであろう怒りの書き込みや、それを集めたまとめサイトなどを見ると、本当に酷い話が極身近に存在する事を思い知る。そしてそれが脚色された分を差し引いたとしても胸糞悪い話であることに変わりはない。

私はこのブログの冒頭にデイケアに通ってくるような人は皆優しく無害であると擁護する一文を書いた。それは間違いではない。なら何故こうまでも壊滅的に酷い状態の人達が社会に蔓延しているのか、それを当事者である私が少し解説する必要があるだろう。

続きを読む 日常に潜む様々な精神障害者 病識の重要性